Hand of muse🎤🎹

ミュージカル活動について♬

活動32 美術男子vs美術女子の交流会

活動32 美術男子👨vs美術女子👩の🔥交流会🔥
 
前回男女の美術の感想に相違はあるかという会を行いました。
 
そちらをもとに、また第二弾を行いたいと思います。
題して、女子から男子に美術について聞いてみたいこと、男子から女子に美術について聞いてみたいことを聞いてみよう!という会です。
 
👨日にち👩
8月30日 13時~2時間ほど
 
👨募集URL👩
 
 
👨メンバー👩
 
🚹 ・まる→R ・まつお→O ・あくつ→A
🚺 ・のりちゃん(幹事)→N ・まきのり→M ・こまちゃん→K ・いたちゃん→I ・MSちゃん→S
 
👨現在上がっている質問テーマ👩

👨👩👨👩👨👩👨👩👨👩👨👩

 

(1)男性陣、女性陣はどんなアートが好きか。

 👨

R:人物よりは動物、生物がいるのが好き。かっこいいから。
O:私は現代アートが好きです。
A:マルチメディア系ですね。

 
👩
M:私は現代アートが好きです。
N:現代あーとはあたりはずれが強いですが、最近は現代アートが好きですね。
M:現代アートが好きですね。見てて面白い。昔だと評価されたものしか残っていないけど、現代アートは今のアートだからどんなものでも見ることができるのが面白い。
K:現代アート。調べていっておっかけができるのが楽しいですね。
I:私はアートであれば、古くても新しくてもきれいなのが好きで、その中に入りたいですね。
 
👩:ふむ、男女差はなさそうですね。
 

(2)人物画だと男性の絵、女性の絵、どちらが好きか。

A:肖像だったら、裸体だったらとかでも意見が変わりそうですね。戦っていたりする絵だとやはり男性の筋肉むきむきで見ますし。
N:画家ミュシャなら女性の絵を見たいとかね。
 
 👨チーム
A:女性ですね。線の細さとか流れだったりとか 単純によくかけるなとも思いますね。身につけているものが問題か?着ているのがひとじゃなくても女でも男でも身にまとっているものは見ますね。 
R:男、かっこいい。身にまとっているものもヒーローっぽくてかっこいいし、宗教画ミロのビーナスもきれいだけど性的な対象としては来ない。男性の絵のほうがむらむらくる(変な意味じゃなくて)
O:女性です。
 
👩チーム
M:女性です。曲線美が好きです。体の柔らかさや肌の美しさ。 色合いや癒やしな雰囲気。装飾品もバランスが大事。さるがドレスをきてきたいなと思わないし、美しい男が葉っぱ一枚でも美しいとおもわない。
K:女性ですね。癒される。男性の絵って滑稽に描かれている印象があります。ポストカードはいつも女性の絵ばかりで癒やしを求めているところもある。ふわっとした淡いドレスをきている女性、非現実的な女性、お花畑とか、今の現代だと社会が成り立たないようなふわっとした女性。
 N:男性。かっこいいもん。理想の筋肉の黄金比とか探します。ロダン・レオナルドダビンチの彫刻は美しいですね、労働している筋肉。ボディービルダーとかより断然好きな筋肉。
 I:女性。身につけているものがひだがつくものがおおくて、ひだの表現とか見てしまう。ひらひらのスカート、髪の毛、大きい帽子とか風にたなびいたりするといいですね。
 
👨 考察👩
N:なにを求めて女子を見ているのかで左右しそうですね。男性がお花畑にいたらポルノかって気分になりますし、何を求めているか、そしてその求めていることに対して適切な手段として女性像、男性像、どちらを選ぶのかなと。美しさはやっぱ母性かなって。男がスカートはいたら野太い木に布が引っかかっているようで萌えないかなって。儚さはやはり女性が表現できる分野。
A:装飾を見るってわかりやすい絵の表現かなと。 肖像画、実際のモデルになった人、布の光の反射、技工のうまいヘタも見やすい。この人はのっぺりだけど服とブレスレットで違くかいているとか。  

(3)プライベートはアートの感想に左右しますか。

👨チーム
R:プライベーっとの影響受けるときはそもそも美術館いかない
O:何も感じないね
A:なにも感じない。だめなときに見ても自分の調子がいいから楽しめるってある。プライベートのせいなのか今の自分の感性で感じているのか区別がつかなくなるし。自分なのか絵なのか判断つかないし。楽しみくらいでいくことはあるのかもしれないけど得るものは少ないかな。 
 
👩チーム
K:混んでたりするとやだな。記憶に残らなかったり、ネットであとで絵を復習したり。一回マイナス感情を持つけどそれで持ち直す。
N:内省的になるんでしょうね。私はチケットとっちゃってたら行きますね。
M:私は落ち込んでいるときのほうが美術館に行きたくなるかも。そういうときにいったほうが作品が別の視点から見れるのがいいですね。絵もしっかり見れて変わった視点で深いところに来たり、気分がモヤモアしている方が見に行くのが好きかもしれない。
新しいことを始めようとは思わないけど美術館=癒やしの空間なので、落ち込んでいる時こそ見た絵は記憶に残るし。この作品に励まされたなとかリフレッシュしたなとなる。
N:自分と作品の間のストーリーが生まれるってやるですね。せっかく癒やされに来たのに駄作だったとかないんですか?
M:ないですね、何かしら感じるので。
I:私だったらいやな気持の時にみた絵は嫌な気持ちを思い出しますね。
M:私はこの作品に出会えた気持ちのほうが大きいですよね。
N:そう私は自分の成長を感じるけど。だって見ているとき「あの時はつらかったな」って過去形になっている。っていうことはもう乗り越えているから、やっぱ成長した気づきにうれしくなったり。
I:そもそも私は落ち込んでいると何にもしないですね。川をひたすら眺めたり、電車が走ってるなぁとか 。そういえば落ち込んでいるときって分析能力が上がるらしいですね。いやだと思った絵を見て嫌だなと思うっていうのは成長できてないってことなんですかね。 
N:つらいって感情だと思い出し方が違うのかもしれないですね。どんなふうに再度絵を見たときに感じるんですか?
I:この絵を見たとき”悲しかったな”って思い出しています。 惨めだったなーと。
N:それはもう乗り越えてるってことじゃないですか?過去形だもん。っていうことはやっぱりその時からは成長しているってことですね。
I:なるほどー。
N:そういう意味では絵から感じる感情の揺れ動きを楽しみにいっているのは女性のほうかもしれませんね、女性は性別的に感情に対して対応力がありますから。男子はあれでしょ?嫌なことがあったとき、言葉で発散するよりは走ったりして体を動かして処理するしかないんでしょ?そうなると無理して美術館に行ったら走るしかないエンドが見えているから、美術館に行かないとなるかなと。
R:いやでもほんとそうですよ(笑)走るしかないからまじいけねーーーってわけです。
I:男性は自分の感情に向き合わないようにしないんですかね?
M:いや、向き合ってますよ。だから走りに行くんですよね。
I:なるほど、失礼しました(笑)
N:向き合って入るけど向き合い方のちがいなのかなって。  

 

(4)美術館はデートに最適だと思いますか。

☞参考:https://danro.asahi.com/article/12400148

全員「相手による」

N:どういう人といきたいですか?

R:3つくらい候補を挙げて、ジャンル別にリサーチするかな。相手が美術館行きたいって言ったらいくかんじ。

O:選ばえるって感じでなくてキーワードが出てくると思う。カフェとか。覚えておいてタイミングで考えておく。

A:相手にもよるし、相手のことをどれだけ知っているかにもよる。

N:美術感すきだからといって一緒に楽しいとはまた別だと思うんですよね、好きだっていうから一緒に行ったのに、全然感想をいってくれなくてだんまりだったりしたときは失敗したなと思いました。パーソナリティで感想が言えない人だとちょっと…。

K:人によるかなと。場所や状況による。初めてだったら絶対上野のほうがいいと思う。おとなしい人で人混みが嫌いならだるいと思うので混みにくい場所とか…

N:企画のテーマにもよるね。今の森美術館はきっといかないほうがいいよww(Stars)1章からきまずくなるのでwそもそもデート自体が私は博打だと思うんです。どんなにジャッジしたって予想通りにいかないこともあるし。そう思っていけばなんか失敗した時もショックを受けないというか。

R:俺なんて素直にデート楽しみだなワクワクという気持ちしかないけどね。でも女性ってドタキャンって多いですよね。

N:そう?私はいろんなリスクも混みでデートOKするので基本断りませんね。

他女子:ありますね、ドタキャン。

N:あ、まじか(笑)私なんて座禅の気持ちでデートしますが(笑)男性のほうがワクワクに素直だな。

K:最初は楽しみでも当日になったら化粧しなくてもいいかなって思う時があります(笑)

R:おいおいおいやっぱドタキャンはやめて。うまい理由うを言ってほしい。ところで美術館を一緒に回りたいとか希望はありますか。

N:できたら一緒がいい。リアルタイムで一緒に同じものを見れる時間なわけだし。こまちゃん・まるちゃん→自分のペース

N:とりあえず今日デートじゃなくて『集合』だったのかなとなると寂しいですよね。

A:自分は行き始めた頃は感想とか話せなかったけど自分の中に蓄積してこの人の絵は〇〇ににているとか喋れるようになりました」

N:感性経験値の違いってありますよね、だから今日成果を求めないで次回からまた検討しておこうッて時もあります。

R:仏の心をもって。

N:デートは仏の心ですよ(笑)私は絵をデートで相手を知る媒体にするのは適切かって疑問は少しありますし。

S:私はデートでジャッジしたいです。相手を知るツールとして、媒体にしようとしている。

N:こいつデートにさそうんじゃなかったわぁってことないんですか?

S:自分でみにいきなおすこともあります(笑)

N:わかる!

S:でも美術好きな人は好きなので、いきたいな。4ー50%は相手を選ぶための要素に使っています。美術館デートがだめだからとマイナスになることはありません、ただプラスになる、加点式ですね。    

 

(5)美術館に行くにあたって自分なりのポリシーはありますか。

O:ミュージアムショップ、キャラが出るから楽しい。美術館をはしごしない。企画展・常設展があっても無理せず企画展にとどめることもある。

A:全部の作品のキャプションに目を通します。なるべく多くのものを吸収したい。読まないと理解できないものもあるし。コンテンポラリーアートとか。

K:ミュージアムショップに行きポストカードを5枚買います。コレクションにするんですけど、最近断捨離で捨てるのをどれにするか迷っていて。

N:私はいつかお別れがくるのが悲しいから最近は買わないですね。

I:入ったらもと取りたいからとりあえず作品を一生懸命見ます。見るときはなるべく感情で見ます。こういう意味だろうか、どこが評価されているのだろうとか、好きならすげーってすぐに思う。

N:私も今日の展示ははずれだったーと思うと、戦闘モードになります。自分の中で無理くるりテーマを作ってみる。

R:俺もだ。

N:以前なんて感動しない理由について分析して帰ろうとか(笑)

R:一枚一枚感動してたら疲れるじゃん。

A:私はいって失敗だったことはないです。知っている作品の確認作業になるとつまらないですが。

N:美術館に新しいストーリーを知りたくていっていますしね。 

 

(6)男性性を感じる作品、女性性を感じる作品とは何でしょうか。  

M:筋肉見せていると男性性を感じますよね、優しさは女性性を感じるなと思う。

R:生理的な特徴に目が向きますよね。ゴツゴツした感じ。けぶかかったり。

N:抽象画には女・男を感じないけどね。

A:僕もあまり男性性とか女性性感じていないかも。女性の裸体画とかって理想化されたもの多いですよね、肌つるつるだし。男性の価値観の現れなのかなと。男女逆でもそうかなと。書く側とかの価値観を反映していますよね。

S:男性の描く女性って包み込む絵が多くて、女性が描くと力強くなる印象。性別によって違いがありそうですよね。

N:歴史によって変わりますよね。自律的な時代ならそういう女性像になるし。 受け手にもよるし。

I:男性は絵を描いているとき眼が違うって思います。男の人は眼がすごい。角ばっててキリッとしてて眉毛と眼の間隔が短い。

S:人間の中に男性性女性性は同じように入っていると思うので、このテーマが一番難しいなと思ってました。自分は最近分けられないです。今の時代に生きて、男性と同じように働いている自分だと区別がつきにくくなってきているというか。

N:あー確かに昔の人の 絵を見て思い出すときもあるかも。女性ってそうそうやわら海域ものでしたよね、たしかって(笑)最近社会的には男性、女性の区別がつかなくなってきているから特につい骨格とか外見で判断するということは強まるのかもしれないですね。

 

  ●Let’s enjoy together!●社会人芸術鑑賞サークル(Club of ART)

https://tunagate.com/circle/23198